きよべ店長のきもの日記

++過去ログへ++

かたりべの会
 井波 草の根サークルの皆さんが昔の井波町についてお話しくださる。 ということで、やえもんやの蔵へ。
 草の根サークルというのは故 千秋謙治先生の声かけで集まった井波の御婦人の会(最高年齢96歳!)
 戦争体験まとめ(戦争とわたしたち)、井波の小字調査、古い井波の写真集(写真は語る 井波の近代)etc.. どれもこれも活動が素晴らしいのです。
 車座になって2時間超、沢山のことを教えていただきました。
 旧街道や水路の話、途絶えてしまった「太子奉賛音頭」、富山大空襲でB29が焼夷弾の前に落とした曳光弾(?)が見えた!とか。 体験されたからこそ聞ける貴重なお話ばかり…。

 それにしても…草の根サークルの皆さんが矍鑠としておられて、活動目的がハッキリしていることに驚きました。
 市内にこんなグループ他に無いでしょう。 体験や知識を語り継ぐ=とても大切なことです。

 きょうはイカット木綿にくすんだ黄土の半衿、黒緑の角帯に薄緑の綿袴、薄茶のタビックスです。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月12日(木) 


朝鮮戦争レジームからの脱却
 米国と日本は主従関係なのでしょうか? アメリカのいいなりになる日本政府、墜落しても近よることすらできない米軍機…etc.
 我が国はホントに独立国家なのか?と考える事がしょっちゅうあります。
 『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』矢部宏治/著を読みました。 日本はアメリカ政府ではなく、“米軍との密約”によってがんじがらめにされている。 というショッキングな本です(写真をクリックすると拡大)。

 思いがけず朝鮮戦争で追いつめられた米軍は、日本に戦争協力を求めました。 しかし憲法9条があるため日本は参戦はおろか協力もできない…それで旧安保条約や地位協定が決められ、自衛隊の前身である警察予備隊が結成されたのです。
▶国連憲章43条(国連軍ができるまでの間限定)
 [国連加盟国]が[国連安保理]と[国連軍特別協定]を結んで[国連軍]に基地を提供する。
▶日米安保条約
 [日本]が[国連を代表するアメリカ]と[日米安保条約]を結んで[米軍]に基地を提供する。
↑イコールでしょ
 正式な国連軍はいまだ創設されていません。 そして朝鮮戦争はまだ終わっていません(休戦中)。 国連軍の代わりに米軍主導による疑似国連軍が朝鮮戦争以来駐在している…ということです。

 現在、北朝鮮とアメリカの関係がこじれています。 互いに挑発しあい「一触即発」のようにもみえます。
 緊張を解くカギは67年前の朝鮮戦争にあるんじゃないでしょうか? 穿った見方をすれば、常駐を維持したい米軍が意図的に危機を煽っているとも(軍予算を減らされたくない)。

 昨日、衆議院選挙が告示されました。 政界再編成と喧しいですが、政局を云々してる場合ではありません。 平和を維持し日本が真の独立を果たすには、対米従属ではない党への投票が必要です(選択を誤ると後戻りできません)。
 しがらみを断ち切る事で、自由な経済政策も立案できます。
 そしてなにより、自分の国のことは自分たちで決めたくないですか?

 きょうは紺のコサシルクに山吹色の半衿、黒緑の角帯に腰板無しの綿袴です。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月11日(水) 


ビソワマルシェ
 松井機業さんで「ビソワマルシェvol.09」なる催しがあるというのでノコノコと出かけました。
 Bisowaとは『”遊び”というイメージの概念をひっくり返す、そんな遊びをしよう!』あぁ、アソビを逆に読んだビソアからきてるんですね。
 普通のマルシェと違うのは「天然由来」「共生」「共振」etc.がキーワード。 日本全国を巡る、ちょっと無い感じのマルシェのようです。
 城端で平日開催(火・水)というのも驚きですよね。

 午後にお邪魔したのですが、の〜んびりした雰囲気、…でも客足が絶えません。
 桑畑でキッチンカーが軽食を出したり、湧々農場の無農薬野菜を販売してたり、麻炭を混ぜた漆喰で壁塗りをしていたり、塗り絵セラピーがあったり…。
 おもしょい面々が集まり、なんでかすらねどヘンプコットンのTシャツと藍染めF☆Panを買ってしまいました(笑) なんだろう?このエラバレシモノ感(笑)
 両方とも肌触りがいいので、着用するのが楽しみです。

 きょうはグレー揚柳木綿に黄色の半衿、黒緑の角帯に草木染めの綿袴です。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月10日(火) 


『美の法門』私版本
 柳 宗悦展色紙和讃を目にして以来、美しい本への憧れがより強くなりました。

 探していた私版本 柳宗悦集 第一巻「美の法門」を古書店で見つけ即購入。 昭和48年11月30日発行の初版本(ラッキー!!) 柳宗悦が見いだした民藝の美の数々(写真は木喰上人自刻像)に芹澤_介の装釘・版画入り。
 「美の法門」「無有好醜の願」「法と美」「美の浄土」「卽如の種々なる理解道」の5編が納められてます。

 一度読んだが理解できなかった「美の法門」ですが、読書百遍…のことわざを信じ、再チャレンジする事にします。
 でも読書の秋といいますが、今日は暑いですね。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月9日(月) 


もうひとつのBABEL
 平井千香子さんがライブペインティングをする!というので、今度は長男とギャラリー無量へ。
 neutral productionDJアライグマ佐藤忠博(E.Gt.)+清河北斗(箏!)+川端 恵(舞踏)〈敬称略〉
 県内アーティストたちが音+光+ダンスでパフォーマンスするというのです。 二度と見られぬシーンだと思うとワクワクします。

 清河さんの箏から始まり、佐藤さんのノイズアライグマさんの曲にneutral productionが音にシンクロした映像…に即興で踊る川端さん。 そして淡々と描きつづける平井さん。 カオスでした(笑)
 いや、平穏であろうが、争いがおきようが、戦争がはじまろうが、SEKAI NO OWARIにアッチの世界へ行ってしまおうが…、こつこつと雲龍図を描き続けることがBABELなんだろうな。

 きょうは生成りの揚柳木綿にくすんだ茶の半衿、黒緑角帯に黒茶の袴、茶のタビックスです。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月8日(日) 


Music change the World
 行ってきました、音楽フェスΗappy Seven。 7月7日に脊髄損傷し車椅子生活となった板橋さん、事故をポジティブにとらえ、仲間とともにこれまで井波でイベントを5回続けることに成功。 今回はヘリオスでプロミュージシャンを集めライブ開催です。
 @momoholic Athyme B☆マーレーズ☆ C小久保淳平 Deiji(from Dachambo) EKeyco F椎名純平 G川本真琴[敬称略]
 場面転換時に◯農Music農Lifeの演奏が入るという飽きさせない仕組み。 リストバンド着用で出入り自由ということもあって、@ABを聴いて帰宅し、店を閉めてからGを聴きに戻りました。

 momoholicとてもパワフル、ダンサー2名を引き連れて、ゴージャスなステージ。
 thymeさん目当てで買ったチケットですが、やはりイイ! @Aを終えた時点で元(3,900円)を取った気がします(笑)
 マーレーズのお二人、まっで楽しい、めっちゃイイ! チカラワザで観客をグイグイ引っ張ってくけど、芯があってブレてない。 全員で両手を上げて歌う “Music change the World!” そうなんだよ、これかも!これであって欲しい。
 トリの川本真琴さん終了後、出演者全員でセッション(右写真をクリックすると拡大)。 これも素晴らしかった!
 〈ミュージック チェンジ ザ ワールド!〉
 障害を持つひとりの男性が起こした波がこんなに大きくなって! 何十人ものスタッフ、何百人もの観客、何千人もの賛同者を作り出しました。
 《ミュージック チェンジ ザ ワールド!》
 いろんな人が自分にできることで関わることが、きっと世界を変えるのです。

 きょうは水色縞木綿にざっくり織った濃水色半衿、青白角帯に薄緑の綿袴、グレーのタビックスです。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月7日(土) 


ハンドドリップ
 まちゼミで習ったおいしいコーヒーの淹れ方を試そうと、近所のお店(増山金物屋)でコーヒードリッパーを買いました(写真をクリックすると拡大)。
 いつもコーヒーメーカーで大量に作りがぶ飲みしてるコーヒーも、一杯一杯丁寧に淹れると薫りも濃さも味も違います。

 ゆとりを持った生活って、決して贅沢することじゃないですよね。
 一杯の珈琲から始まる一日を大切にしなくては…。

 きょうはグレー縞の片貝木綿にくすんだ茶色の半衿、黒緑の角帯に黒斑の袴、灰黒のタビックスです。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月6日(金) 


曳山 美と技
 曳山会館「蔵回廊」にて、各町の山蔵に保管してある秘蔵のお宝を公開する『曳山 美と技』が始まりました(来年3月25日まで)。 西上町からは昔の曳山車輪白木の水波御面像と巨大鯛等を出しています。
 各町のお宝を拝見してビックリ! 美術的にも歴史的にも素晴らしいお宝の数々! いやもうはやなんドキドキわくわくしとります。

 さらに昭和30年代の曳山ポスターが素晴らしい! 絵ですよ絵!感激です。 よく残してあったなぁ、昭和37年のポスター(僕の生まれ年)。 昔の人の審美眼すばらしすぎる!!
 観光で訪れた方はもちろん、全町民必見の展示です!

 きょうはグレー縞の伊勢木綿にざっくりした水色半衿、黒緑の角帯に腰板無しの綿袴にチャコールグレーのタビックスです。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月5日(木) 


渋カワイイ和柄タビックス300円
 渋くて可愛い和柄のタビックスがたくさん入荷したので、店頭POP看板を描きました(写真をクリックすると拡大)。
 しかしイラストがどう見てもホットドック(笑) おっかしいなぁ…絵ゴコロあったハズなんだけど(苦笑)。

 かかと付きの履きよい足袋靴下(22-24)です、一度お試しください。
 きょうは茶地に白糸を織り込んだ木綿にざっくりした茶色の半衿、黄金の角帯に帆布の袴です。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月4日(水) 


髪飾祭
 京都より、並べるとケーキのようにカワイイ髪飾りが入荷しました。 これまで簪(かんざし)と地味めな髪飾りしか扱ってなかったので、店がパッと明るくなってます。
 振袖にバッチリですが、小花もあるので髪をこざっぱりとまとめたいときにも。
 5日より「髪飾祭(かみかざりまつり)」と銘うって賑々しく展示しますので、似顔絵スタンプカードご持参で目のマッツリにお越しください。 
 贈り物にもどうぞ。
 
 きょうは柿色木綿に山吹色の半衿、黒緑の角帯に黒茶の綿袴です。
       (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2017年10月3日(火) 


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
美しい装い きよべ

「和」について話しませんか

[Admin] [日記一覧]
shiromuku(fs2)DIARY version 1.25