きよべ店長のきもの日記

++過去ログへ++

参上!キモノ男子
 NHKの人気番組「美の壺」File462は「参上!キモノ男子
 ファッションとして自由にキモノを楽しむ男性たちが続々登場します。 男の着物は2回めかな?


 洋モノと組み合わせGメン歩きしてる若い衆もよかったけれど、やはり京都の旦那衆(右写真)は抜群にカッコいい! 無理してない感が半端ない(イミフ)。
 ポップカルチャー論の慶応大学の中村伊知哉教授「これからはファッションだ」と10年前から24時間着物生活。 いいですね〜、後ろに見えるクレクレタコラも(笑)

 そうなんですよ。 自己表現(ファッション)の一種としてキモノを楽しんでもらえればいいんです。
 もっと気軽に、もっと自由に、もっと頻繁に。


 きょうはグレー縞の片貝木綿に黒ハイネック、黒緑の角帯に黒綿袴、グレーのニットマフラーに黒手甲、チャコールグレーのタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月14日(金) 


あじゃなん2.0

 惜しまれつつ終了した「あじゃなん」(あじゃあじゃ南砺Talk)を今後どうする? と有志があずまだち高瀬に集結しました。 高瀬遺跡の隣にある南砺市の施設です(これまで入ったことがなく気になってました)。


 プランゼロの状態から話し合いをスタートし、熱く話すこと3時間。
 出るわ出るわ!前向きの意見やアイディアが! すばらしいメンバーです。


 
僕は「問題解決にあじゃなん的な手法が必要」なので、「ファシテータやりたい」から「文殊チーム(主催メンバー)になる」宣言までしちゃいました。 今年より深く関わることになります。
 全6回やったカマコン方式を踏襲しつつ、適宜修正できるしくみにします。

 あじゃなん2.0 第一回は来年3月7日(木)福光の櫻明堂さんで開催決定しました。
 詳細決まりましたらご案内します。


 きょうは紺無地ウールに薄黄土の半襟、青白角帯に黒斑の綿袴、グレーのマフラーに黒手甲、チャコールグレーのタビックスです。

    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月13日(木) 


ノーベル賞と着物

ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶 佑先生の紋付袴姿が大評判です。 この装いは日本人の第一礼装、よくぞ!と感激しています。
 ご一緒された奥様の着物姿がまた素晴らしいじゃないですか(左写真をクリックすると拡大)。 模様の緻密さ柄ゆきから多分東京友禅だと思われる訪問着(これ、良いものだけど、とってもお高いです)。
 重ね衿をせず色数を抑えたのも個人的に好感を持ちました。 草履、バッグ、帯締め…小物もすべて品が良い。

 翌日の晩餐会は菊の訪問着でご参席(右写真)。 こちらは京友禅の銘品と推測します。
 奥様の着こなしがとっても素敵。 ドレスを纏う外国人女性に見劣りしない…というか控えめだけど強い存在感を放ってますよね。
 世界中に着物の美しさを知らしめていただいて、いやもう、感謝の言葉を述べたいです。

 きょうは柿色木綿にエンジのハイネック、黄金の角帯に黒茶の袴、金黒マフラーに手甲、茶色の足袋です。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月12日(水) 


じょうはな今昔(9)「城国寺」
 東下の城国寺ご住職が逝去されました。 このままでは廃寺となる可能性があります。


 城端の鬼門に当たる北東に建てられた曹洞宗寺院。 芭蕉塚と石仏群が立ち2月15日には涅槃会があります。
 僕が選んだ城端十景のひとつでもあります。

 存続するにはどうしたらいいのかなぁ。

 きょうはネップの入った紺色紬にグレーのタートルネック、黒緑の角帯に梅鼠の袴、グレーのニットチョーカーに黒手甲、チャコールグレーのタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月11日(火) 


城端愛を楽しもう
 19日(水)13時30分より城端中学校ランチルームで中学生に向けて講演します。 OB,OGが講師の「先輩に学ぶ」もう16回目だそうです。
 これまで山下郁子さんや、中井直正先生(天文学)、中田節也先生(火山学)、木村宣彰先生など、錚々たる方々が講演してこられたのに、僕でいいの?とは思いましたが、せっかくの機会なので引き受けました。


 で、何を話そうか?
 悩んだ末につけたタイトルが『城端愛を楽しもう』
 着物のことも語りたいけど、大好きな城端のことを話したい。
 人生って楽しいんだ!と多感な中学生に知ってほしい。

 僕がこれまでやってきたことをすべて語りつくすつもりです。


 中学生に思いが伝わるだろうか? 眠らせてしまうのではなかろうか?
 Mac標準プレゼンアプリKeynoteを初めて使ってみます。 画面送りの黒曜石も購入しました(写真をクリックすると拡大)。

 飽きさせず楽しく聞いてもらうにはどうしたらよいか、工夫しなくては…。

※一般の方もご聴講いただけます。 平日午後ですが、よろしければお越しください。

 きょうは茶縞ウールにエンジのハイネック、黒緑の角帯に黒茶の袴、茶のガーゼストールにこげ茶のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月10日(月) 


おうどばすな大売り出し
 昨日から「歳末大売出し」が始まりました。
 3,000円に一回福引がひけて、空くじなしでハズレなし(写真をクリックすると拡大)。

 今年の初夢賞は「ブリ1本」と「灯油500リットル」 凄いでしょ!

 正月の商店街は賑やかに鐘の音が鳴り響くことでしょう。

 平野部に初雪が積もりました。 今冬は降らなきゃいいなぁ…。
 きょうは焦茶に朱縞ウールに茶のタートルネック、黄金の角帯に黒茶の袴、茶の手甲にモカ茶のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月9日(日) 


別院で佛前婚式
 南砺の織姫こと松井紀子さんが城端別院善徳寺で挙式され、一般参列OKと聞いていそいそと出かけます。
 仏前婚に参列するのは初めてです。 僧籍以外の方が別院で挙式するのは近年無かったことでしょう。

 雅楽(越天楽)の生演奏のなか新郎新婦入場→住職法話→読経→(雅楽)→祝婚の言葉→誓いの言葉→念珠授与→二人で焼香→(雅楽)→三三九度→親族乾杯→全員礼拝→(雅楽)→新郎新婦退場
 (ここまで約30分)
 とても荘厳な式でした〈南無阿弥陀仏〉有り難いことです。 花嫁さん綺麗でしたよ。

 挙式後、披露宴と二次会を別院の別会場でなさいます。 
すべて城端内でまかなえるというのは素晴らしいです。

 〈南無阿弥陀仏〉若いお二人に御仏の御加護のあらんことを!

 きょうは茶地に白縞の厚手木綿に茶の半衿、黒緑の角帯に灰茶の袴、モカ茶のニットスヌードに茶の手甲、薄茶のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月8日(土) 


一夜限りの立ち呑み屋
 「宇宙一幸せな商店街」実現に向けて、櫻明堂さんを立ち飲み屋にして友達を作るプロジェクトが始動しました。
 「立ち呑みBARすてっぴぃ」一夜限りのプレオープンです。 店名は店長のあだ名から。 友達の友達限定で、簡単なツマミとドリンク数種類。
 こじんまりスタートするつもりが、スタートからわんさと客が訪れ、大変な賑わいに。

 僕は20時過ぎてからお邪魔しましたが、奥はほぼ満席。 話題の半円立呑テーブルにつくと、見知らぬ若者グループとさっそく意気投合。 大盛り上がりで、あっという間に時間が過ぎていきます。 この距離感がいいんですね、きっと。
 いや〜面白かったぁ、シラフでも(笑)

 賑わいづくりっていろんな方法がありますが、まず楽しむこと…だと思った夜でした。

 きょうは紺の袷にグレーのタートル、青白角帯に焦茶の縞袴、茶のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月7日(金) 


初花束

 56回目の誕生日。 大好きな鴨鍋で祝ってもらいます。
 なんと、今年はホールケーキにお花ももらいました。 人生初の花束です。

 せっかくなので店に飾ることにします(写真をクリックすると拡大)。 「和」っぽいでしょ(笑)

 きょうは紺無地ウールに黒タートルネック、黒緑の角帯に黒斑の袴、紺のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月6日(木) 


カメ止!ポンデミック 

 時間がとれず劇場で10本程度しか映画を観ない一年でした(それでも社会派PA作品、など押さえるところは押さえてます)。

 もっともインパクトのあった「カメラを止めるな!」のブルーレイディスクを購入しました。 オマケ付きです(写真をクリックすると拡大)。
 さっそく見ましたが、やっぱ面白い! 知ってるだけに、前半から可笑しくて² 
 次はメイキング編を見ようっと!

 観客に愛される映画ってシアワセですよね。

 きょうはグレー縞の伊勢木綿にグレータートル、黒緑の角帯に黒の綿袴、黒のタビックスです。
    (ブルーの文字をクリックすると関連ページへリンクします)
2018年12月5日(水) 


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
美しい装い きよべ

「和」について話しませんか

[Admin] [日記一覧]
shiromuku(fs2)DIARY version 1.25