きよべのおすすめ商品

城端蒔絵(蔓柏紋帯留)

西上町の曳山〈竹田山〉には恵比寿さまの紋である

【三つ蔓柏】が使われています。

一子相伝の城端蒔絵の後継者である小原好喬さんに
帯留を作ってもらいました。

『竹田山 蔓柏紋帯留』
素地は桜の木、黒い部分は最高級の国産黒漆。

三つ蔓柏は純金の平蒔絵をした後、

青竹の顔料を練り込んだ漆で粉固め、

乾燥後に文様を研ぎだし

純金で上絵(線描き)を施してあります。


見る角度によって金に見えたり緑金に見えたりする

格の高い帯留です。

金具台は純銀。四分紐(巾12ミリ)まで通ります

(下写真の帯締めは三分紐です)

巾60mm 縦43mm 厚さ15mm 重さ31g

価格58,800円(税込)

小原好喬(おはらよしとも)
城端蒔絵16世 小原好喬 略歴

1979(昭和54) 15代小原治五右衛門の長男として城端町に生まれる。

1997(平成09) 富山県立高岡工芸高等学校工芸科卒業

2000(平成12) 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒業

2001(平成13) 第40回日本伝統工芸富山展 初入選(入選9回)

2002(平成14) 第41回日本伝統工芸富山展 奨励賞

2003(平成15) 第50回日本伝統工芸展 初入選(入選7回)

2006(平成18) 日本工芸会正会員に認定される。

2009(平成21) 第48回日本伝統工芸富山展 第一次鑑査委員
        城端曳山保存修理事業に参加する。
        出丸町「唐子山」車輪修復
        西上町「竹田山」車輪・幕板修復


 となみ野美術展 / 工芸の「今」展 / アートセッションinとなみ野 / 城端住人展 等

現在
    城端蒔絵 16世
    社団法人 日本工芸会正会員
    日本工芸会 富山支部会員(漆芸部会副部会長)

    NPO法人 アートセッションとなみ野 副会長
    高岡地域文化財等修理協会 正会員

 
きよべオリジナルの蒔絵の帯留です。
(城端蒔絵十六世 小原好喬氏作)

もどる